TOP>デジタルコンテンツ

デジタルコンテンツ

AR(拡張現実)

ARとは、Augmented Reality(オーグメンテッド・リアリティ)の略で、日本語では「拡張現実(かくちょうげんじつ)」と呼ばれています。

現実の風景にCGや動画のコンテンツを重ねて表示させることで、現実世界に情報を付加してくれる技術です。

VR(仮想現実)

360°撮影可能なカメラで動画や写真を撮影し、スマートフォンやヘッドマウントディスプレイであたかもその場に居るような表現が可能になりました。

遠隔地の施設案内や工場見学など、ヴァーチャル見学ツアーもおすすめです。

タイムラプス

ある一定の間隔で撮影した写真をつなげて動画にすることで、早送りアニメーションのような効果が得られます。

製品や建築物が出来るまでや、星空の動きや夕日など、ある程度の時間を撮影し、短い時間で紹介する際に良く使われている技術です。

ドローン空撮

会社案内の冊子や動画に空撮はいかがですか? 新しい社屋や工場を記録しておくと、その後の会社案内更新時や、周年行事、ホームページなど活用機会はたくさん出てきます。

社員の皆様が空に向かって拳を突き上げる写真も良く見かけます。年賀状にもおすすめです。

動画・写真撮影

会社のプロモーションやリクルート用に動画や写真の撮影も承ります。モデルやナレーションもご相談ください。

低コストのライトプランから、本格的な撮影まで、お気軽にお問い合わせください。

サイネージコンテンツ

スライドショーのコンテンツから、タッチシステムの会社案内やフロア案内まで。

パワーポイント用のパーツ素材や動画・ロゴアニメーションのみの作成も承ります。

プロジェクションマッピング

プロジェクターを使用して壁面やガラス面に投影するプロモーションです。

ショールームのガラス面に特殊なフィルムを貼りつけたり、ロールスクリーンタイプの投影フィルムに投影します。

アニメーション作成

3Dアニメーションやモーショングラフィックスなどを入れることで、ホームページや会社紹介ムービーにアクセントを!

ARサービスと組み合わせることで名刺や会社案内でも強いインパクトを与えます。

アプリ開発

自社製品のデータベースを持ち歩きたい、既存のスタンプカードやメンバーズカードをアプリ化したいなど、問題解決のお手伝いをいたします。

まずはお気軽にお問い合わせください。

マイナビ2022